数学におけるオンライン授業と対面授業の違いと選び方 京の算数学#732

2024年7月27日(土)推掃除@四条烏丸のバナー

京の算数学問題#732

京の算数学問題の画像

算数学コラム

みなさんこんにちは!京都市中京区で塾を運営しております。油谷拓哉(ゆたに たくや)です!
近年、教育の現場ではオンライン授業が急速に普及しています。特に塾においては、オンライン授業と対面授業のどちらを選ぶべきか悩む保護者も多いと思います。それぞれのメリット・デメリットを理解し、子どもに最適な学習環境を選ぶために、今回は数学の勉強におけるオンライン授業と対面授業の違いについて詳しく解説します。

数学におけるオンライン授業のメリット

自由自在な学習環境

オンライン授業の最大のメリットは、場所を選ばずに学習できる点です。
wifiがあれば、自宅や図書館、カフェなど、自分が最も集中できる場所で学ぶことができます。
また、移動時間がないため、時間を有効活用できます。

オンライン授業の種類

オンライン授業には大きく分けると2つの種類があります。
1つは、スタディサプリなど授業の内容が録画されたものを繰り返し何度も見る事ができるような、映像授業と呼ばれるタイプ。
もう1つは、オンラインで直接授業を受けるリアルタイム指導のタイプです。
近年では、サブスクリプション型の前者の方が主流となっていますし、学校などから案内がくる場合もあります。

自分のペースで学べる

録画された授業を視聴する形式のオンライン授業では、自分のペースで学習を進めることができます。
分からない箇所は何度でも再生できるため、理解度を深めることが可能です。
特に最近はAI技術の発展により、個別最適化の教材やフォローアップ問題の自動作成機能などオンライン授業は著しい進化を遂げています。

オンライン授業のデメリット

コミュニケーションの限界

オンライン授業では、対面でのコミュニケーションに比べて、どうしても限界があります。
特に映像授業の場合は、リアルタイムのやり取りが難しく、疑問点の解消が遅れることがありますし、オンライン授業の場合はリアルな授業ほど細かなコミュニケーションや生徒の様子に気づくことは難しく、結果的にコミュニケーションにズレが生じてしまう可能性が高まります。

自主性に委ねられる

映像授業は自分のペースで進められますが、一方で自主性が求められます。
ある程度勉強に強制力が必要なお子さまの場合は対面の塾をおすすめいたします。

集中力の維持が難しい

自宅などの環境では、誘惑が多く集中力を維持するのが難しい場合があります。また、技術的な問題(インターネット接続の不具合など)が学習の妨げになることもあります。

社交性の育成が難しい

オンライン授業では、他の生徒との交流が少なくなりがちです。これにより、グループワークやディスカッションを通じた社交性の育成が難しくなることがあります。

対面授業のメリット

直接的なコミュニケーション

対面授業では、教師と生徒が直接対話できるため、質問や疑問点を即座に解決することができます。
また、表情や仕草からも理解度を把握しやすく、きめ細やかな指導が可能です。

集中しやすい環境

教室という特定の学習環境に身を置くことで、集中力を高めることができます。
学習専用の空間であるため、家庭での誘惑や雑音から離れて勉強に専念できます。

社交性の向上

対面授業では、他の生徒と直接交流する機会が多く、グループワークやディスカッションを通じて協力し合うことができます。これにより、コミュニケーション能力や社交性の育成にもつながります。

対面授業のデメリット

時間と場所の制約

対面授業は特定の場所と時間に縛られるため、通学時間がかかることがあります。
特に部活や習い事等で忙しく、スケジュール調整が難しい場合は通うこと自体が難しい時もあるかもしれません。

講師の選択肢が限られる

地域によっては、質の高い講師や特定の分野の専門家が少ない場合があります。
そのため、受けられる授業の質や内容に限りがあることがあります。

子どもに合った学習スタイルを選ぶ事が大切

オンライン授業と対面授業、それぞれにメリットとデメリットがあります。
子どもに最適な学習スタイルを選ぶためには、以下のポイントを考慮しましょう。

学習スタイルの好み

子どもがどのような学習スタイルを好むかを確認しましょう。自主的に学ぶのが得意で、自己管理ができる子どもにはオンライン授業が向いているかもしれません。一方で、対面でのやり取りを重視する子どもには対面授業が適しています。

生活リズムとスケジュール

家庭のスケジュールや生活リズムに合った授業形式を選びましょう。
忙しい日常の中で、効率的に学習時間を確保するためには、オンライン授業の柔軟性が役立つこともあります。

費用面で考える

一般的にはオンライン授業よりも対面授業の方が高価である場合が多いです。
もちろん通塾費用は塾ごとに異なりますが、通塾する頻度やかけられる費用によっても検討すべきだと思います。

オフライン+オンラインのハイブリットもおすすめ!

対面授業を受けながら補えない範囲を映像授業で補うというパターンもおすすめです。
一般的に通塾費用は講習会費用が大きくなってしまいがちですが、この方法であれば対面の直接聞けるメリットと自分のペースで進められるメリットをどちらも活用ができます。

終わりに

オンライン授業と対面授業、それぞれの特徴を理解し、子どもに最適な学習環境を提供することが大切です。どちらの形式にもメリット・デメリットがありますが、重要なのは子どもが楽しく学べる環境を整えることです。親として、子どもの意見や学び方を尊重し、適切なサポートを行いましょう。

以上!京都市中京区のアイデア数理塾 油谷拓哉(ゆたに たくや)がお届けいたしました!

算数好きあつまれ〜!

京の算数学 解答#732

京の算数学解答の画像

おすすめの算数学ブログ

2024年7月27日(土)推掃除@四条烏丸のバナー

この記事を書いた人

アバター

アイデア数理塾

京都市中京区にある少人数制の数学・理科に特化した学習塾です。
小学校1年生から高校3年生までのお子様の学習をサポートいたします。授業は、補習がメインに構成されています。